水道工事資格と研修

水のトラブルが起きた際に水道工事業者へ依頼をする場合、スタッフが専門資格を保持していると、相応に高い知識と技術を保持していることがすぐに把握できます。そのうえで、研修制度が充実している所は接客でも質の高いサービスを提供しています。

■水のトラブルに対処しやすい!水道工事資格の種類

水のトラブルが起きた際、業者選びにあたり参考となる資格がいくつかあります。
給水設置工事主任技術者は、技術上の指導監督をすることができます。水道工事自体はたとえ無資格者が行っても問題ありませんが、給水装置などの設備点検や水道工事の管理をする場合に必要です。スタッフに排水設備工事責任者資格保持者がいると、下水道工事を依頼することができます。
給湯器設置や点検をする場合には、管工事施工管理技士資格があれば依頼できます。浄化槽などの機器を設置している場合、トラブルが起きた際にも迅速かつ丁寧に対応してもらいやすいです。土木や電気に関する資格もあると、リフォームや機器の交換が必要な場合にも質の高いサポートを受けやすくなります。

■水道工事資格だけでない!研修制度も確認ポイント

水道工事資格を保持していても、水のトラブルは一通りの技術だけではいけません。緊急対応や大がかりな工事など幅広く対応してもらえる所だと、依頼しやすくなります。
各会社ではスタッフ育成のために研修を行っています。工具や技術に関する座学での知識だけでなく接客や実技も、教育体系が整っている業者は質の高いサービスを提供してくれやすいです。水のトラブルが起こり得る場所は、トイレやキッチンをはじめ幅広くあります。備えつけの温水洗浄便座や給湯器による修理も想定されます。各ケースに合わせて研修をしている所は、迅速かつ丁寧な作業をしてもらいやすいです。アフターフォローや機器に関する質問にも、分かりやすい説明を受けられます。
大手業者の場合、全国から代表スタッフを集めて定期的に技術の向上と確認を兼ねてコンテストを設けている所もあります。水のトラブルが起きた際の修理の段取りの良さやスピード、接客など幅広い観点からの審査をしています。企業全体でサービス向上に努めていることが確認できます。

■まとめ
水のトラブルが起きた際、水道工事資格を保持しているスタッフがいると知識と技術の高さを確認できます。そのうえでコンテストを設けていたりなど、日々の仕事を通じて技術を磨いていることを確認できます。研修制度が整っている会社は、幅広くある水のトラブルにも対応しやすいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ