井戸の水道設備工事を依頼する際のポイント

水道 工事は、機器や排水管トラブルによる修理や交換はもちろん、屋外に設置している機器も含まれます。近年では、省エネや災害時の水の確保に備えて井戸水を設置する場合もあります。井戸を一つの設備として設置する場合や、修理が必要となる際のポイントをご紹介します。

■井戸の工事を依頼する際のポイント

井戸の設備工事をするにあたり、工事の種類を確認すると良いです。打ち込み式の井戸の場合、パイプを地面に打ち込んで設置していきます。深さは10m程度で良く、水質調査をクリアしていれば生活用水としても使用が可能です。比較的簡単に行うことができ、費用と時間も多く掛かりません。ロータリー深削をする場合、地中の深い場所まで掘っていきます。水質や水量も安定していて生活用水としても使用ができます。一方、岩盤や硬い石が出てきた場合は堀削作業が必要です。
電動式の井戸ポンプが近年では開発されていますが、砂こし器や蛇口などの設備を設置するための工賃も掛かります。除菌や臭い消しをするための水道 工事も追加すると、費用がかさみます。部品やパーツは予め用意しておくことや、複数の業者に見積りをとり、費用以外に信頼出来るか否かを確認することが大切です。

■井戸の設置における水道 工事業者情報収集

井戸水には水道代の節約や年間通して水温が一定しているなど、生活面でのメリットがあります。カルキが含まれていない水だと、飲料水としても使用できます。井戸を新規に設置するための水道 工事をする場合、事前に水量や水質検査を行わなければなりません。水脈が弱く水量も確保できない場合は、水道 工事ができません。
井戸を設置するにあたり、相応の知識と技術が必要になります。たとえ複数人が作業を行っても、1日あたり1メートル程度しか掘ることができません。水道業者のホームページから施工実績やスタッフの専門資格保持者か否かを確認したうえで、見積りをとると失敗を防ぐことができます。費用も相応に掛かりますから、井戸水がでない場合の保証や、機器に関する説明を明確にしてもらえるか確認することも、業者選びのポイントです。

■まとめ
災害時や生活用水としても役立ちやすい井戸を、設備の一つとして設置するには相応に時間と労力が必要です。水道 工事業者に依頼する場合も、水質検査などを的確にしてもらえる所だと快適な使用に繋がります。ホームページからも資格や実績を確認できますから、可能な範囲での情報収集が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ