水道 工事業者の情報収集で失敗を防ぐ

水道 工事業者の情報収集で失敗を防ぐ 水道 工事は大きく分けて2種類あり、公道の排水管や敷地内の給水管引込が一つです。屋内メーターボックスと、蛇口からその元栓までに渡る屋内配管もあります。給水管引込から屋内配管に至るまでを給水装置工事と呼びます。
水道設備に関する資格保持者でないと、水道 工事などの作業は概ね対応できません。費用面でも大がかりな設備の交換や修理となると高額となり、期間も要します。一般住宅や店舗、賃貸物件に至るまで対応可能な技術力の高いスタッフが在籍していれば、信頼度も高く、のちのトラブルも防げるでしょう。

■水道 工事の種類は複数ある

公道の水道 工事は、排水管からメーターボックスまで行います。距離が長く困難な時は、官民境界から概ね1.5m離れた第一止水栓までとなります。新設工事には、配水管からメーターボックスに至るまでの給水装置を取り付けたり、給水管の径を増やす、水道管の変更も含まれます。結露や破裂などを修繕したり、給水装置を配水管などから取り外す撤去工事もあります。それぞれ、行政や企業団が指定している給水装置工事事業者に依頼します。
一方、専門資格を保持しておらず、水道局や行政に登録をしていない会社もあります。企業団の給水条例を設けている地域では無資格の業者による工事は違反となり、水道が使えなくなったり正規の事業者に依頼をするよう指導を受けることになります。依頼する前に資格や登録に関することは、インターネットなどで情報収集することが必要です。そのうえで複数の事業者と見積りをとってから、依頼すると良いでしょう。

■用途に合った水道 工事依頼へ
公道からの配管を伝ってそれぞれの建物に水は取り込まれていますが、給水方式は複数あります。配水管から直接パイプを伝って給水する直結式方式が一つです。一戸建ての住居で主に使用されています。受水槽に水をためて給水へと繋げる方式と、パイプで水圧を高めて給水する中高層式直結給水方式は、主に賃貸物件やビルで使用されています。
下水道は家庭用排水や雨水を流す水道管に関わります。種類は2つあり、合流式と分流式があります。合流式は、生活場面で出た汚水や雑排水と、雨水を一緒に同じ排水管を使って流します。分流式では、汚水や雑排水は汚水管へ雨水は雨水管に流していく仕組みです。それぞれの水はどちらも、終末処理場を通って処理され、河川や海へと排出されます。各種相談は下水道指定工事店に依頼すると良いでしょう。

■失敗を防ぐ!水道 工事業者選び

水道 工事業者の選び方にはポイントがありそれを抑えた上で依頼をすることで失敗を防ぐことに繋がります。全国展開をしている業者をはじめ、近年ではホームページから実績の確認ができます。実績が多い場合、技術や応用力が相応にあり部品のストックもあります。スムーズな対応をしてもらいやすくなり、高い信頼へと繋がります。業者のホームページで水道 工事を依頼した口コミを掲載していると、実際に利用した人の声を確認できます。SNSからの投稿も確認するためのポイントです。一方、不自然に褒め過ぎていたり冷やかしの口コミも少なからずあります。情報に流されることが無いよう、見極めも大切です。
水道 工事を終えた後、使い心地が悪かったり故障に伴う修理が必要な場面もあります。年単位での保証があったりコールセンターを設けている業者は、トラブル時の対応もスムーズにしてもらいやすいです。

■まとめ
上下水道の設備や水道 工事を依頼するには、信頼できる業者を見極めることも一つの方法です。ホームページからも行政や企業団からの指定や認可を受けているか否かだけでなく、スタッフの資格取得や実績を確認できます。口コミ投稿による意見も、惑わされない範囲で情報収集すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース